検索
  • 小池 光子

アー写を撮る

アー写、というのは「アーティスト写真」の略です。

つまり宣材写真ですね。

このwebサイトに使っているわたしのおすましの写真、アレのことです。


きちんとしたアー写を撮るのは5年以上ぶり、ひとりだけで撮影をしたのは、もう10年以上ぶりです。

まず、今回はどんな写真にするかを一緒に考えてもらうため、古い友人の村上亜沙美にディレクションを頼みました。

彼女はデザイナーであり製本家。本を綴じたり、文字を作ったり眺めたりするのが大好き。

出会ったのは15年前、初台にあったバーで。以来の飲み仲間です。


浜松にある彼女の家へ、ひとり新幹線に乗って遊びに行きました。

「みっちゃんこれ知ってる?」と言って、レコードを聴かせてくれた。

Molly Drakeのレコードでした。

Nick Drakeのお母さんであるモリーが若かりし頃、自作の曲を記録してあったものを音源化した作品。

このジャケットに使われているモリーの写真がなんとも良くて、魅入られてしまいました。

ひとりの女性が、凛として自由な雰囲気をまとって映るポートレート。

そんなものを撮ってみよう、子どもの頃から変わらないみっちゃんが入っていながらも、大人になったわたし、いまのわたしを撮ってみようと、ふたりの意見が一致しました。


撮影をお願いしたのは、神ノ川智早さん。

以前松本野々歩ちゃんに呼んでもらって、ビューティフルハミングバードで演奏をしに行った立川のロバハウスで出会った方です。すごく柔軟で優しいのだけど、太く大きなたくましさも持ってる印象。


やっぱり写真を撮るのならお化粧もしようかなってことで、高塚yoshicoさんに頼みました。

西荻窪でjouer a cache cacheという美容室を営む傍ら、SHISEIDOのメイクアップチームでパリコレにも(パリコレって初めて文章に書いたよ)行っている実力派のメイクアップアーティストです。二児の母。


これにマネージャーであるわたしの妹が加わって、撮影スタジオは女5人の現場になりました。

この仕事をして以来、わたし以外は全員男、なんていうのはザラだったけど、

女のひとしかいない現場は初めてでした。


たくましいし、トントンと仕事できるし、おとなで、感じがよくて、みんな美しかった。

わたしひとりが何もせずまァ感心しきりで、ぼんやりと写真を撮られておりました。

和やかに、かつ、ぴりりとしっかり(わたし以外が)仕事して、2時間で撮影終了、

まだ外は明るく、みんなでわたしの好物、羊肉を食べに行きました。


そんなこんなで出来上がった写真が、このサイトの各ページにあります。

それなりに歳をとり、それなりにシワもたるみも得ておりますが、ここまで生き延びてきた証拠でしょう。

さらに美人不美人の如何については議論の余地もないことですが、

なかなか憎めない顔になってきてるじゃないか、と自分では思っております。


Molly Drakeのレコード、中身もとても素晴らしいです。

うれしいのと悲しいのと、両方の気持ちが綯い交ぜになって満ちてきます。

歌っていいものだな、人生っていいものだなあ、と思います。